旦那のトラブルと失踪

日本では行方不明者届けが受理された人数が年間8万人もいます。届け出を出してない方もいることを想定すると年間10万人ほどが行方不明となっています。

そのなかで、行方不明の7割近くが男性を占めており、家出・失踪の理由で最もリスクが高いものは「自殺」です

健康状態の不安、仕事がうまくいかない、職場のストレス、経済的な問題での自殺者が多いので事前にこのような自殺の兆候があった場合は急いで探す必要が出てきます。

他の理由としては、家庭問題によるものです。家庭内トラブルに耐えられなくなり急に家出をするケースもあります。

未成年の場合など友人宅を泊まり歩くような事例もありますが、夫婦間のトラブル、愛人との逃避など成人の急な失踪も珍しくありません。

このような家出の他、ビジネスパートナーから金を騙し取られた、詐欺にあった、友人の借金の連帯責任にされて逃げられた、といった状況がありえます。

会社の金の持ち逃げ、借金、金銭トラブル、夜逃げ、高齢者の徘徊もあります。

行方不明に関しては命のリスクもあるためできるだけ早く警察への相談は勿論、探偵への人探し調査も検討すべきです。

命のリスクが無くても時間が経つほど足跡が無くなりますからすべき事、出来ることをしていきましょう。

今すぐあなたがすべき事

今すぐにすべき事はとてもシンプルです。それは次の3つです。

1.警察への行方不明者届(旧 捜索願)を出すこと
2.探偵社に人探しを依頼すること
3.失踪者の情報、身の回りの品を確認すること

警察への行方不明者届(旧 捜索願)を出す方法

police

方法ですが、家出した人の住所を管轄する警察署や、届出人の住所を管轄する警察署に行方不明者届(捜索願)を出します。

届け出が出来る人は限られており、失踪人の親、後見人、配偶者、親族、家出人との同居者、雇用主など密接な関係がある者が可能です。

行方不明者届を出す際には次のものを用意します。

失踪人の氏名、生年月日、本籍、住所、職業。この他、外見の特徴や写真、血液型。行方不明になった日時、場所、その時の服装や所持品など。

まずは管轄の警察署に行って届け出をしてください。

警察はどこまで人探ししてくれる?

未成年の家出/失踪のような犯罪被害が絡むおそれがある事案は警察に行方不明者届をすれば調査してもらえますが、犯罪に関わらないプチ家出や、成人の家出人、失踪者に関しては民事不介入の原則があり、警察では一切調査を行いませんので、探偵に依頼することが解決の糸口になります。

職務質問でたまたま発見しても本人の意思で家出をしているケースでは届出人に発見後の通知を行いません。そこで探偵を使う方法も検討することになります。

探偵社に人探しを依頼する方法、探偵の選び方

失踪人の足取りを追跡する

時間が経てば経つほど足取りをつかみにくくなります。人探しは今すぐに探偵への依頼も検討します。

調査依頼を引き受けてるメニューの中で人探しは数が多い案件の1つです。

人探しメニューの費用ですが、ほとんど人件費と言ってよく、一般的な相場では1日あたり5万~10万円の費用を想定しておきます。

調査をお願いする方法ですが、ほとんどの探偵社では無料相談を受け付けていますのでWEBやTELで申し込みして、事務所にて打ち合わせ現状を説明します。

依頼するということは契約をする事になるため次の点を確認しておきましょう。

依頼する際にはどのような捜索手段か
1日あたり何人体勢で人探しを行ってくれるか
1日あたりの費用と、支払い時期(前払い/後払い)
契約期間より早めに解決した場合、返金があるか
途中で解約した場合の返金について

このような点を何社かに問い合わせをして吟味していきましょう。そのあと依頼先を決めたら契約することになります。

こちらから調査スタッフに提供できる情報によっては人探しは相当に時間がかかる場合があります。

なにせ相手も足取りを取られないように失踪してるわけですので。

現状提供できる情報、手がかりでどれ位の期間で探せそうか、あるいは難しいのか相談してみましょう。まずはよく相談して1週間と期間を切って捜索してもらうのが費用も押さえられ良い方法です。

探偵社に相談、というのは心理的なハードルが高いかもしれませんが人探しは時間との勝負でもあります。料金の説明を納得いくまで行ってくれる誠実な業者にお願いするようにしましょう。

ご注意

人探しの方法の1つとして探偵に依頼しても解決しない場合があることを予め理解しておく必要があります。

それは意図的に姿をくらました人を探すのは困難であるためです。家出人が捜索されていると知れば、更に場所を変えて移動、逃げる可能性もあります。

高い費用を払って人探しを依頼しても駄目だったという覚悟も必要なのです。

1~2週間捜索したのに見つからず業者との契約が終わったとしても諦める事はありません。失踪人が何処かでスマホをONにしたり(GSPで居場所がわかることも)カードで現金を引き出したりしたタイミングで判明する事もありますので。

 

ポイント
人探しといっても緊急性の低いケースもあります。
急な行方不明や自殺の恐れのある失踪ではなく、旧友、恩人を探したいといったケース。それと金銭トラブルで失踪中の相手。このような調査も引き受けてくれる業者もあります。身元調査は低料金で受ける場合もあります。

人探しにおすすめの探偵社5つ

人探しで実績があり、有名、人気の探偵社を紹介します。

原一探偵事務所

全国に17拠点を展開しテレビでの捜索でも協力実績がある信頼出来る会社です。

・家族の家出/失踪、血縁者の所在調査
・トラブル相手の人探し、所在調査
・相続人探し
・恩師、旧友探し

このようなメニューを揃えています。40年を超える実績も豊富で、組織力と人探しの技術力で言えば原一に依頼するのが可能性が高いでしょう。全拠点に土地勘のある調査スタッフが配備しています。

基本料4万円+1日調査8万円の明朗会計です。年中無休・24時間体制で相談受付をしています。
原一の人探し無料相談、見積もりはこちら

HAL探偵事務所

全国に11拠点を展開するお客様満足度の高い事務所で解決率も80%を超える数字を表示しています。この数字は業界トップクラスです。

子供の家出、旦那・妻の失踪、認知症老人探し。
この他、金銭トラブルで姿をくらました人探しも得意としています。

価格は1案件に対して12万円~となっています。早く完了すれば費用も節約できますのでまずは無料相談をしてみてください。

相談、見積り無料。費用は後払い。見積書の額以上の請求はありませんので費用の面でも安心でしょう。
HAL探偵社で人探し公式サイト

人探しは家出人、失踪人の情報をどれだけ持っているか、行方不明からどれぐらい経っているかで難しさ、調査にかかる日数が変わってきます。2つの探偵とよく相談して自分にあった提案をしてくれる所を選びましょう。

他にもおすすめを紹介します。

ヒューマン探偵事務所

調査業協会所属の探偵事務所です。また所長が協会の理事としても活動している信頼の事務所といえます。

東京都に事務所を構えています。探偵・興信所としての調査業の他、セキュリティ機器やシステムの販売を行うほか、探偵学校を開校しています。

個人からの依頼の他、法人からの依頼も引き受けています。行方調査のメニューの他、身元調査や婚前調査もあります。行方調査の料金は

・簡単な所在調査で10万円
・失踪者の捜索 50万円

が基本です。その他の条件や手がかりとなる情報次第で料金が変動します。家族が急に連絡がとれず失踪してしまった、お金を貸したまま所在不明になってしまったような場合に活用できます。
http://human-tantei.com/

総合探偵社アビリティオフィス

(株)アビリティオフィスも調査業協会所属です。代表者が元警視庁刑事という経歴で調査力には信頼できるものがあります。

テレビなどメディア露出も多く、探偵学校も運営、全国にネットワークがあり対応可能です。

調査メニューも豊富です。人探し、浮気・素行調査の他、企業の信用調査やストーカー対応なども行っています。

http://www.ability-office.co.jp/

総合探偵社リザルト東京

こちらも調査業協会所属の探偵事務所です。株式会社リザルトグループが運営する探偵事務所が東京と埼玉にあります。

人探しの料金ですが難易度によって変わってきます。

一番簡単な調査の場合着手金10~15万円の他、成功報酬10万円~、経費として実費(事前連絡あり)がかかります。
最も難しいケースでは着手金50、成功報酬50万~という設定です。
http://www.result-tokyo.com/

失踪者の情報、身の回りの品を確認すること

人探しの方法の第1段階として身の回りの品に手がかりがある場合があります。探偵に依頼する際には家出人の情報を渡すことになりますので、ご確認下さい。

住所・氏名・年齢・写真は当然です。手がかりになるものは何でも情報を出す事です。

身体の特徴、服装、車で出て行ったか、よく立ち寄る場所、交友関係、etc

何を持って出て行ったか、携帯は持ってるか、パスポート、保険証、免許証、カード類、衣類。

特に現金をどれだけ持って行ったかは身辺を確認しておきましょう。捜索範囲≒現金の範囲(移動距離)といえなくもないですからね。

逆に現金を持ってない事は自殺を考えている場合があり早急な対応が望まれます。遺書、メモ書きが残されていないかチェックを。

異性、友人、職場環境など家出/失踪の原因、動機になりそうな最近の言動も思い出しましょう。それらは全て人探しをスムーズにする方法として役に立ちます。

探偵が行う人探しの方法とは

家出人、失踪人探しに信頼できる調査スタッフ

探偵というプロが行う人探しの方法ですが、まずは自らの意志で家出をした人を探す場合、直前の行動や身の回りの品物から手がかりを掴んでいきます。

パソコンの中身、携帯・スマホ内の情報、閲覧履歴、書類、本、地図、電話・メールの利用歴、銀行通帳、クレジットカードの利用歴など。

よく立ち寄る場所、かかりつけ病院、ネットカフェ、まんが喫茶、所持金の有無、車、スマホの携帯など。

失踪した人の部屋や車からこれらの手がかりを見つけていきます

また周囲の人、会社の同僚、知人、友人への聞きこみ調査を行いローラー作戦でしらみ潰しに聞きこみも行っていきます。

子供・大人・老人探しの違いと人探しの方法、場所

そう簡単に探偵のお金が用意出来ないなど、人探しを自分や友人の協力で出来ないだろうかと思う方も居るでしょう。

ここでは自分で探す際の手がかりをお伝えしていきます。

子供の家出理由と探す方法

子供の家出は家庭環境に問題がある傾向があります。思春期特有の問題、反抗期で家出をする事もありますが概ね次のような理由です。


・両親同士が不仲、親と仲が悪い、家に居ることが気まずい。親の帰宅が遅い、遊び歩いてるから自分も
・中学生、高校生になり学校に行きたくない、教師との衝突、家に居ると勉強しろ学校に行けと言われる
・受験の重圧、塾帰りに家出。理由もなく家を飛び出すこともあります
・友人宅への出入り、子供同士のイジメ被害による失踪など

多感な時期の子供は何かと悪の道に染まりやすかったり、女の子の場合は性犯罪の被害に合う事もあります。今すぐに探さないといけない事案です。

探し方のポイントですが、まず子供の友人宅へ電話をする事です。「今お宅に行っていないか」「最近の様子」「行きそうな場所は無いか」「他の友人の情報や電話番号」などを聞きます。友達を伝っていく事で可能性がある場所が挙がるので、そこを探しに行ってください。友人宅、子供のたまり場、ゲーセン、神社、本屋、駅周辺、可能性がある所を虱潰しです。子供はほとんど所持金を持っていないでしょうから、徒歩あるいは所持金の範囲内で自宅周辺でのみ集中して探すようになります。

子供にスマホを与えてる方も居るでしょう。事前にGPS情報を追えるようにしておくと安心なので、子供にスマホを与える時はその設定を行っておいて下さい。(事前に設定しておかないと駄目ですが)

子供が見つかったら人探しを協力してくれた方々や先生、友達にお礼をする事です。子供が迷惑かけたわけですが責任者は親ですからね。

成人が失踪する理由と探す方法

成人男性の家出は家庭環境に加えて、仕事や金銭の悩みがあります。特にうつ病、自殺などの可能性も孕んでいるので今すぐ人探しを行います。

会社や仕事や人間関係

まず昨日・今日会社に行っていたかを確認します。会社に電話を入れれば出勤状況がわかり、最終足取りも取れます。会社から帰宅中に失踪したと考えられるわけです。あるいは出社してなくて会社でも大騒ぎになってるかもしれません。

所持金やクレジットカードを持っていて電車で遠方へ逃げ出してる可能性もあります。会社での振る舞いや様子を電話で確認しておく事です。仕事で失敗した、会社の金を持ち出した、などの状況があればさらに緊急度が増します。そうでなければ会社から逃げたい、もう会社に行きたくない、などの理由も考えられます。

町中をフラフラ歩いてたり、遠方に羽根を伸ばしたり、実家に帰省している可能性もあります。実家にも電話で確認して一緒に探してもらいましょう。

家庭事情

家庭内の事情での家出では、認知症の介護疲れ、育児・教育疲れ、配偶者との不仲、DV、不倫逃避などが挙げられます。いわば「逃げたい」と思って家出をしている状況ですのでかなり足取りが難しいです。しかも見つからないようにしてるので人探しは困難を極めます。車で出ていったのか徒歩なのかで行動範囲は違います。

自殺の危険はあまり考えにくいので冷静になって家族が放置しようと思えば放置で良いと思います。但し新たな生活環境での生活スタートまで考えている場合があり帰宅を望むのは難しいこともあります。

借金

借金も理由の1つです。交遊費、ギャンブルで闇金、サラ金に手を出して返済出来なくなっての失踪です。男性だけでなく女性も可能性はあります。パートナーがそんな事になってるなんて知る由も無いですから。ある日、取り立ての人が自宅に来たり、ポストに督促状が投函される事で判明します。命を絶つ危険もあるので早急に探す手配を進めましょう。

探す方法としては警察へ届け出て、友人への聞き込みから行います。よく行く場所、最近の様子をヒアリングします。自宅のパソコンのブラウザの検索履歴やページ履歴をチェックして見ます。何処へ行こうとしてるかネットで下見をしてる場合があります。

老人の失踪はすぐ警察へ

認知症を患っているならすぐに警察に届け出る事です。命の危険がありますので。
老人だからと家の近場だけでなく探しましょう。10km離れた地点まで自力で歩き見つかる場合もあります。

それ以外では、健康問題を抱えて絶望を感じての家出も危ないです。

人探しを無料でできるサイトってあるの?

WEB上で人探しを依頼できる掲示板無料サイトの存在が確認されています。

人探し専用サイト メアド非表示 尋ね人探し人

http://bounty-hunter.jp/

探している人の氏名・住所・写真等をアップロードして依頼が出来る掲示板サイトです。このサイトを見て探し人の存在に気付いた人がたまたま見ていれば情報提供が頂けるかもしれません。掲示板に記載して完全に待ちですので1、2年以上気長に待てる方は無料で利用できるので登録しておいてもよいと思います。

家出や徘徊や失踪など緊急性が無ければ使ってみてもよいと思います。逆にこのサイトを見て情報提供してくれる方がどれほど居るかは不明で望みは薄いと思われます。

詐欺、お金を取られた、踏み倒された、復讐のため、等のアングラな依頼も目立ちます。

メリット:無料で利用できるのが最大のメリット
デメリット:最長3年間掲載されるがその後は消えてしまう。次々に新しい依頼が掲示されて自分の案件が埋もれてしまう。探し出せる保障は無いことを理解して登録しよう。

想い出の人との再会のためのサイト(いまどこ? 青い糸-赤い糸)

http://www.imadoco.jp/

昔知り合ったあの人を探したい、再会したい、といった場合に利用できるサイトです。このサイトも自ら探すのではなく、自分の名前を登録して待つスタイルです。探偵などにお金を払ってまで探す必要が無いような方は登録してみてはいかがでしょうか。あなたに会いたい人が現れたら連絡が来るかもしれません。

メリット:無料で利用できる。緊急性が無い場合にお守り程度に登録しておくとよい。
デメリット:やはり確実に探せるというものではない使い方となる

ミクシィの人探しコミュニティ

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1371358

現在ミクシィにログインしている人はどれぐらいいるのでしょうか。全盛期は日本国民の10人に1人ぐらいで登録していたというのに。FacebookやTwitterに流れてしまっています。

こちらのコミュニティでは実名を出して人探しを貼り付ける事ができます。投稿を見た他のミクシィユーザーからコメント情報提供が入ったりします。

メリット:無料で利用できる。
デメリット:情報提供者がたまたまコミュニティのあなたの書き込みを見てないと難しい

Facebookで人探し

http://facebook.com
Facebookは原則本名で使うSNSとして有名です。探したい人が本名で登録している可能性がありますのでFacebookの検索機能を使用してみましょう。漢字、あるいは漢字を忘れていてもローマ字入力で該当者が出てきます。

出身地や出身校や現住所や顔写真も載せてる場合は一発でわかりますので念のため検索してみると発見できるかもしれません。

メリット:無料で利用できる。探す結果が早くわかる。

 

ちなみに人探しができるアプリはありません。アプリ開発は時間もお金もかかりすぎるので開発されていないという事でしょう。

 

まとめ、繰り返す家出をさせない方法

既にお伝えしているように人探しは時間との勝負です。なぜ家出をしたのか失踪したのかは後から確認するとして、今すぐ探す行動を起こしてください。警察に届け出を出す、探偵社に相談することです。

自らの意思で行方不明になる人は何かしら問題を抱えていて現実を逃避するために家出をします

そうさせないためには彼らの問題に気づき、解決してあげる必要があります。

でないと捜索して見つけたとしても、再度家出をする可能性があります。

2度と家出をさせないための問題解決には理由の確認が必要です。探偵社では家庭内のトラブルにも相談に乗ってくれるカウンセラーが居ますので解決の役に立つはずです。活用しましょう。

家出や失踪ではない人探し

人探しと言っても家出や失踪などのような必ずしも大急ぎな案件ばかりではありません

昔の級友を探したい、恩師に再会したい。あの時別れてしまったあの人に会いたい。卒業以来会えなくなってしまった友達はどこにいるのだろうか。私のせいで切れてしまった縁を復活させたい。会って謝りたい、お礼が言いたい、etc…

実家を探す

このような場合、まず可能なことは実家の住所を探す事です。卒業文集やアルバムなどから住所が引けると思います。昨今の学校では卒業文集には住所を掲載していない所がほとんどです。しかし90年代まではまだ住所が掲載されている場合がありますので。

家が離れてる方はまず葉書を送ってみましょう。タイミングが悪ければ年賀状や暑中見舞いなどで送ってみる価値はあります。当時の家が無いと宛先不明で葉書が戻ってきますので家が無い事がわかります。葉書が到着していれば戻っては来ませんので受け取った人がいるはずです。葉書に自分の電話番号やメールアドレスを記載しておけば連絡が来てつながれる可能性があります。

同級生に連絡

宛先不明で戻ってきてしまった場合は同級生の知り合いが居れば連絡を取ってみましょう。1人に聞いてわからなくても5人、10人と聞いてみれば誰かしら知ってる事があります。直接自分の知り合いじゃなくても知っていそうな人を紹介してもらう方法もありです。

昔の住所を訪ねてみる

それで駄目なら以前家があった周辺に行く必要が出てくるでしょう。自分で近所の聞き込みをしてまわることです。ピンポンして「以前こちらにお住まいだった〇〇さんご存じないでしょうか」と。引っ越ししたとか親戚とつながる事ができればより可能性が出てきます。

電話帳を使ってみる

もう1つ勇気がいる方法ですがタウンページを使っても良いでしょう。周辺住所の同じ苗字の方に電話をしてみる方法です。例えば毛利さんだったら、毛利性のお宅に電話をしてまわります。急な電話なので取り合ってもらえない事がほとんどです。鈴木や佐藤などありふれた名前だと大変になっちゃいます。珍しい苗字だったりすると知人や親せきにヒットする場合があります。草の根を分けて探し出すような確率かもしれませんが、どうしても会いたいと思うなら実践してみてください。

住民票や戸籍謄本

住民票や戸籍謄本に関してですが基本的に親族でなければ入手できませんので、1件1件当たって探していく方法が有効です。

この公的書類からは「現住所」「氏名」「生年月日」「戸籍」「婚姻」「生存」等が記載されます。生計を同一にする家族、あるいは直系の親族であれば最寄りの役所で請求できます。例えば、生き別れの兄を探したいとかのケースです。

逆に駄目なのが離婚した元配偶者とか、昔の友達、同級生などです。昨今のストーカーや復讐、嫌がらせなどが相次いでおり行政としても取り扱いません。

親族や家族でなくても請求できる場合があります。それが債権者の場合です。すなわちお金を貸している、商品を購入した、契約したのにお金が未払い、など訴訟の手続きをしたい等です。売買契約書や賃貸契約書の事実を証明する書類を持参して取る事になります。

このようなケースでは本人が自宅に居ることも珍しいため見つかる可能性は低いですが。

 

時間が無い方や遠方にお住まいの場合はやはり調査会社や探偵に依頼するのがスムーズに進められるでしょう。その際には他人のプライバシーの問題もあるので探したい理由を正直に話す必要があります。お金はかかりますが確率の高い方法といえます。

 

恩師を探す場合も似ています

級友を探すのと同じような手続きで昔の先生を探すことも可能です。住所が移っていることは少なく実家を訪れれば会える可能性が高いです。》恩人・恩師を探す方法にまとめています。

ネットで知り合った人、ひとめぼれ

街ですれ違って一目ぼれした人を探したい、ネットで知り合った名前もしらない人にオフラインで会いたい。

このような方もいます。昔は探偵を雇えば上記のケースでも探す事ができました。最近はストーカーの事件があるため、このような探したい目的では普通の探偵なら引き受けてはくれません。逆に言うとこの依頼を引き受ける探偵は正式に稼働していない、許可を取っていない探偵の可能性があります。

自分で探すしかないといえます。ネットで知り合ったならネットで探すしかありません。Facebook、Twitter、LINE、mixi、GREE等のSNSで自分で時間をかけてという事になるでしょう。街ですれ違ったなら同じところで待つしかないですね。

相続人を探したい、お墓を探したい

財産分与のためにはすべての相続人が居ないと分与できない決まりがあり亡くなってから慌てて探し出す場合があります。》遺産相続人を探し財産分与の記事にまとめていますのでご覧ください。