家出人が素直に家に戻るとは限りません。

理由としては、単純に帰りたくないからです。

その帰りたくないわけを4つピックアップしていきます。

まず、1つ目は自殺願望があるということです。
この世にいるくらいなら死んだ方がマシだと考える人も多いです。
大抵は自殺未遂で終わりますが、自殺願望があるってことは、よほど精神的にも追いつめられていて戻っても仕方ないと考えている人がおおいからです。

2つ目は家庭的な問題です。
大抵は暴力や虐待で精神的に追い込まれている状態です。
このような状態になった到底家出なんて困難ですが、それ以外にも離婚問題や家庭間の冷めた空気感、コミュニケーションがない状態もあります。

誰が、こんな家に帰りたいと思いますか。

家出人が見つかってもこういう理由があることで帰られない人が多いのです。

3つ目は、夫婦関係です。
夫婦喧嘩で片方が家出することが多いです。
この場合は、戻ってこないとなれば、確実に離婚に直面すると考えていいでしょう。

大抵は実家へ逃げることが多いですが、両親に説得されて戻ってくることの方が多いです。

戻ってこなかった場合は、夫婦の関係が破綻したと考えましょう。

4つ目は、仕事の問題です。
これで、家出するというのは、相当仕事で精神的に追いつめられている状態です。

それ以外にも家庭的な問題や自殺願望、夫婦間の関係が破綻するなどがないと家出をすることはあまりないですが、こうなった場合は、どこにも居場所がないので帰るところがありません。

こういう状況になれば誰でも戻りたくはないはずです。

こういう理由があるので、家出人は素直に家には戻ってきてくれません。

家出というのはとても深い事情があるのですが、警察に見つかったら職質されてもおかしくありません。

とても、怪しまれるので注意した方がいいです。

ちゃんと事情を話せば警察の方々も理解するのでむやみに家に帰すとは考えられません。

こんな状況で家に戻してしまうと、自殺してしまう可能性が極めて高いので、安易には家にはかえさないでしょう。

こういった理由があるので素直に戻れないのです。

戻りたい気持ちはあっても、さすがに戻れないです。

なので、家出人を見つけてもむやみに説得をして、家に戻すということはしてはいけません。
個人のことなので他人が干渉されるとかえって状態が悪化します。

なので、話を聞いて、できるだけ、自殺をしないように自分の家に泊めたりとか精神的に落ち着かせてあげるのが一番いい方法です。