人探しなど自分たちではなかなかできない・警察にお願いしてもなかなか解決しない問題に対しては探偵事務所にお願いすると言うケースもいくつかあり、実際にそれによって人探しが成功したと言うケースも多いです。

ですが探偵にも優良なところもあれば悪質なところもあり、中には違法な方法で調査を提案してくると言うところもあります。

一般的にはどのような方法が違法なのか分からないと言う人も多い中、万が一そのような方法での調査をお願いしてしまうと自分たちも罰せられてしまう可能性があるので注意が必要です。

ではどのような調査が違法になるのかというと、まず個人情報を取得して調査をしようとすることがあります。

人探しに有効だと思われる渡航歴や戸籍・住民票や住民基本台帳などは見ればすぐに居場所を突き止められそうなものですが、このような重要な個人情報を探偵が勝手に取得する事は許可されていません。
特にこれらの個人情報を第三者が取得するためには本人の委任状が必要になるなど本人の許可が必要とされているため、それを無視して勝手に取得すると言う事は完全に違法であり罰せられる可能性があります。

逆に言えば探偵ならばそのような方法で個人情報を取得する事が出来ないのは当然知っている事なので、そのような方法を提案してくる事務所は危険であると判断する事ができます。

そしてもうひとつ注意しておきたい提案が電話番号からの身元調査です。

一見するとこちらはよく行われていそうな方法なのですが、実はこれを実行するとストーカー法に引っかかってしまう可能性があります。
そうじゃなくても電話番号も個人情報ですし、そこから身元を調べると言う事は警察が行うことはあっても探偵が行うことは違法と判断されています。

なのでこのような方法を提案してくると言うところは非常に危険ですし、自分たちが電話番号を教えている場合は身元を調べられてしまうと言う可能性を秘めているので特に注意が必要であると判断できます。

このように調査対象の個人情報を調べようとする方法を提案してくると言う事務所は悪質である可能性が高いですし、場合によっては依頼した自分たちも危険であるという可能性があります。
ですがこれらの方法を提案してくるかどうかと言う点は事前に把握する事は難しいので、万が一このような提案をしてくる事務所を見つけた場合はすぐに警察に相談して対応してもらうようにすることがおすすめです。