遺産相続人といっても、親族のどの範囲までのことを指すのか、わかりにくいものです。

また複数いる場合も、分配の方法など複雑です。

しかしすべて、法的に定められています。

遺産相続人とは、通常は法定相続人を意味しています。
法定相続人とは、亡くなった方の遺産を受け取る、法的に権利のある人のことを言います。

これは人数にかかわらず、条件があっていれば、何人でもかまいません。

法定相続人になれるのは、まずは配偶者です。
ただし、婚姻関係のない内縁の妻や愛人には、相続権は認められていません。

次に直系卑属(ひぞく)と呼ばれる実子、養子、内縁の妻や愛人の子供、胎児、孫です。

子や配偶者がいないときは、直系尊属と呼ばれる父母および祖父母となります。

父母、祖父母もいないときは、兄弟姉妹、あるいはその子供が相続できます。

このように遺産相続人としての権利は、法的に定められた順序があります。

また法定相続人の遺産の割合も、法的に決まっています。

しかし、正しく書かれた遺言書が残されており、その遺言書の内容が有効な場合は、この遺言書の記載事項が優先されます。

それでも、法定相続人には、遺留分という最低の保障があるため、それを請求する権利は残っています。

身元不明の遺産相続人がいると大抵は家族間などで喧嘩になったり、もめたりします。

理由としては、夫あるいは妻の浮気で出来た隠し子が遺産相続人となるケースがあるからです。

遺産相続は遺書がない限りは基本的に家族が遺産相続人になりますが、不倫相手の子供や再婚前の子供も遺産相続の対象になります。
後者は身元がわかっているのでもめることはまずないですが、前者の場合、基本的に身元がわかっていなくて、尚且つ、夫や妻の浮気相手であることが当たり前なので確実に婚外子と実の子ともめるのです。

遺産相続自体は遺書が見つからない限り、基本的には均等に配布するものです。

なので、婚外子だろうと、実の子だろうと均等にわけられるのです。
後者の方はたまったものではありません。

なので、裁判沙汰になった例もあります。

最終的には婚外子にも均等に分けるべきだという判決になっています。

家族以外にも会ったこともない人が遺産相続人になることもあり得ます。

これも不倫と同様もめますが、遺書さえあればなにも問題ありません。

遺書がある場合は少なくとも亡くなった方の意思が尊重されるのでもめることはあまりないですが、ない場合は下手すると裁判沙汰になるので十分注意しましょう。