日本国内で行方不明になった人を探す場合は、警察に捜索願を出したり、探偵に依頼したりするのが一般的です。
しかし、海外で行方不明になった人の捜索を依頼しても、引き受けてもらうことは難しいでしょう。

それでは海外にいるかもしれない人を探すにはどうしたらよいのでしょうか。

今回は海外を対象とした人探しについて紹介します。

最もスタンダードなのは、大使館を利用する方法です。
日本人が海外で大きなトラブルを起こした場合、大使館は情報を把握していることが多いです。

また各国のノウハウを熟知しているので、有益なアドバイスをしてもらうことを期待できます。

例えば、その国の警察への協力要請の仕方なども教えてもらえるでしょう。
また現地に赴いて人探しをするにしても、各国の法律や慣習などを知っておかないと揉めてしまう可能性があります。

そうならないように、注意すべきポイントを教えてもらうこともできます。

もし有益な情報やアドバイスをもらえなかったとしても、捜索していることを伝えておけば、見つかった場合に連絡をもらえます。
そのため、海外で行方不明になった人を探すには、まず大使館に連絡しておいた方が良いといえます。

大使館の次は、外務省を頼ると良いでしょう。
実は外務省は調査を行ってくれることがあります。

海外から帰ってこない人について、家族が依頼した場合には所在を調べてくれるのです。

ただし十分に情報収集を行ってから依頼するようにしなければなりません。

もし情報収集を行っていないとみなされると拒否されることがあるからです。

また最低限、どの国にいるのかの見当を付けておく必要もあります。
何も分からない状態では調査を開始してもらえないケースが多いからです。

グローバル化が進んだ現代においては、日本からの海外旅行者、移住者、留学生などが増加しているために、探偵社に海外での人探しの依頼も増えてきています。
海外で行方不明になった人や探し人が海外にいるかもしれないといったケースで海外、特に東南アジアを専門に調査する探偵社もあります。

もちろん、探偵社に依頼する時には、知っている限りの相手の情報、例えば以前に聞いていた連絡先であったり、勤務先、出身地、年齢、性別、その他、どんな些細な情報でも良いのでそれを伝える必要があります。

但し、もちろんどこの探偵社でも調査ができるというわけではありません。

最初に探偵社に調査が可能かどうか、調査する際にはどの程度の情報があれば良いのかを確認してください。

中には、セキュリティ規制が厳しかったり、言語の違いなどで情報収集が難しい国の場合は現地の調査会社や企業などとも連携をしながら、かなりの実績を上げている探偵社もあります。