初恋の人にもう1度会いたいと思った経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

初恋というと、小学生の頃など小さなころが多いでしょうから本人同士が電話番号の交換やメールの交換などをしていることは少ないでしょう。

一番確実なのは、初恋の人のご実家に連絡してみることでしょう。
ご家族の方なら現在、どうしているのか1番よくわかっているはずですので人探しをするのなら1番、早い方法ではないでしょうか。

元恋人に会いたいと思う理由は様々でしょう。

もう1度よりをもどしたいとか、あの時のことをキチンと謝りたいなど複雑な理由があるのかもしれません。

元恋人でしたら、個人的に連絡先である電話番号やメールアドレスなどを交換しているでしょうからまず、そちらに連絡してみるのが良いでしょう。

もし、そこで繋がらないようでしたら相手の方は番号を変えてしまっているのでもしかしたら複雑な理由があるのかもしれません。

そういった気持ちも配慮した上で人探しをする必要があるでしょう。
元恋人本人と連絡が取れないのでしたら、元恋人の友人に連絡をとってみるのも良いでしょう。

元恋人と共通の友人がいたのなら、その人に聞いてみるのが1番確実かもしれません。

初恋の人を探す場合も元恋人を探す場合も、相手や家族に迷惑にならないように気を付ける必要があるでしょう昔付き合っていた恋人のことを懐かしく思い出す、というのは誰にでもよくあることです。

それが特に、若気の至りのちょっとしたいさかいやケンカから別れてしまった、などという場合であれば、なおさらでしょう。

その人が、今どこでどのように暮らしているのか、結婚はしているのか、どのような仕事をしているのか、など知るだけでもいいという理由で、元恋人を探したい、と人探しを探偵社に依頼するケースも多くあります。

しかし、場合によっては元恋人の人探しを引き受けてもらえないケースもあります。

それは、近年問題になっているストーカー犯罪に関わるものです。

自分の調査で元恋人を探し出し、それを依頼者に報告した時点で調査としては終了するのですが、その後で、依頼人が元恋人にストーカーを始めてしまうことで、被害が出る事を防ぐために、このような調査を最初からすべて断る探偵事務所も出てきています。

もちろんすべての探偵社が調査をしていないわけではありません。

そのあたりは、各探偵社独自の基準や長年の勘によって判断しているでしょう。

自分がストーカーでない事を示すことはほとんど不可能ですから、実際に調査を依頼する時には、各探偵社の判断にまかせるのがよいでしよう。