車のナンバープレートから所有者を調べたい、そんな場合があります。

例えば、浮気を疑っているときです。

ある程度浮気の確証があり、相手の目星もついているのだけれど、はっきりと身元までは分からない。

そんなときに相手の車が分かり、ナンバーをメモできた場合です。

また、自分の土地などに無断駐車を繰り返しされたり、放置されたままの自動車があるので何とか所有者を割り出したい、そんな場合も所有者を調べたいと思うことでしょう。

実は、ナンバープレートから所有者を探す人探しは可能ではあります。
ナンバーをもとに陸運局に相談することで、その車の所有者情報を調べることが可能なのです。

赤この所有者情報は、登録事項等証明書と呼ばれています。

ただし、この登録事項等証明書、ナンバーさえ分かれば誰でもどんな理由でも所有者情報を教えてもらえるというわけではないのです。

昔は、地名、3桁の分類番号、ひらがな、そして4桁の番号と内容を全て記載し、請求者の氏名、住所、請求事由を記入して身分証明書を提示すれば簡単に取得することができました。

しかし、個人情報保護の観点などから、2007年からは車検証に記載されている車台番号の下7桁を記入することが必要となりました。

ナンバープレートの情報だけでは取得できなくなったのです。

ただし、上のような理由で取得したい場合には例外もあります。

その例外とは、まず一つ、車の持ち主を裁判で訴える場合です。
この場合は、裁判手続きにその車が関係していることを証明するものを持ち込む必要があります。

その書類が認められれば情報を取得することができます。

そして次に、所有する土地に無断で放置された車両の持ち主を探す場合です。
この場合は放置状況が分かる写真や図面を用意し、国土交通省の方に現地を確認してもらったうえで情報を取得することになります。

どちらにしても面倒な手続きや準備が必要な上に、これら以外の理由で所有者情報を取得したことが分かった場合、違法となり法に問われるケースもあり得ます。

ただ単純に人探しをしているから所有者情報を取得したい、そんな理由では車の持ち主を知ることはかなり難しいと言えるでしょう。

不正行為だと言われずにナンバープレートから所有者情報を知るためには、違法調査をしていないと明記している信頼のおける探偵事務所などに依頼し任せると良いでしょう。
そういった探偵事務所ならば手続きにも慣れているため、安心して任せられます。