失踪したペットを探す方法には、いくつかの方法があります。

まず頼りにしたいのは、動物愛護センターや、最寄りの保健所への連絡です。
大切なペットを迷子にしてしまったら、こうした連絡はしておくべきでしょう。

一般的にも野良犬や野良猫は保健所という思考パターンが多くの人にできています。

それに保護をされた動物は、保健所や動物愛護センターへと送られるからです。

住んでいる地域の管轄である。

保健所や動物愛護センターなど、施設への連絡は入れてみるべきでしょう。
最寄りの病院や警察にも、念のため連絡を入れておくことです。

迷ってさまよったペットが、動物の虐待に遭遇してしまったり、思わぬ事故にあってしまって、救急病院へ搬送されて収容されていることも考えられるためです。

飼い犬や飼い猫などの外見を、詳しく伝えるようにしましょう。

少しつらいですが、交通事故などにあってしまった動物が、そのまま清掃局によって回収をされていることもあるので、地域にある清掃局にも電話を入れておくことです。

現代でしたら探す方法として、インターネットでの情報収集を行う方法もあります。

迷子犬などの迷子になった動物の情報を、そういった迷子のペット情報を提供するサイトに、掲載依頼を出してみる方法もあります。

それとともに、動物愛護センターや、管轄地域の保健所の公式サイトも、チェックを行うようにしましょう。

自力で何とか探そうとするのであれば、迷子のチラシを作る方法もあります。

動物が迷子になったときに、その近くのエリアで発見をされることは、かなり多いと言えます。

ですから疾走をした地域で、そこに住む住民の視界に入るような形式で、迷子のペットがいることを、チラシなどで告知できる形にすれば、情報をキャッチしやすくなります。

手作りのチラシには、ペットの写真も掲載をして、特徴なども詳しく載せるようにします。

チラシは、専門で作成をしてくれる便利な会社もあります。