結婚をしているのにほかに好きな人が出来てしまい、愛人関係になってしまえば、それは浮気ということになります。

火遊び程度で済むのではなく本気になってしまえば、妻との離婚を考えなくてはなりません。

しかし妻は離婚に応じてくれずに結婚生活を続けなくてはならないとなれば、どう行動するようになるでしょうか。
愛人との生活を望むのであれば、家出をしてしまうかもしれません。

しかし家出程度であれば、愛人の家に転がり込んで生活をしている可能性がありますので探し出すことはできそうですが、愛人とともに失踪をしてしまえば、どこをどう探せば見つかるのかということになります。

異性関係が原因で失踪をする場合には、ある程度の行動パターンが考えられます。

二人で一緒に失踪をする場合には、どこかに生活の拠点を置かなくてはなりませんので、仕事を探すようになります。

男性は就職先を探して働くようになり、女性はパートなどをして、二人で生活をしていけるだけのお金を稼ぐようになるでしょう。
ある程度のお金を持って出ていたとしても、働かなければ生活をしていくことはできませんので、どこで働いているかを見つけることです。

家の中にこもりきりになっているわけではないですので、探しやすくなるでしょう。

しかし実際には、就職まではしていないこともあります。

ほんの数日間だけの家出なのか、それともこれからまったく帰ってくる気のない気持ちなのかを知る必要があります。
もしも数日間で帰ってくるつもりなのであれば、探偵などを雇う必要もありません。

数日間で帰ってくるつもりがあるのかどうかを確かめるためには、失踪前に働いている職場に問い合わせてみるといいでしょう。

もしもすぐに帰ってくるつもりなのであれば、有給休暇などを取って休みを取っているはずです。

しかし本当に帰ってくるつもりがないのであれば、仕事を退職していることでしょう。
退職しているとなれば新しい生活を始めようとしているはずですので、帰ってくる気はないということです。

そして本人が持ち出した荷物も確認しなくてはなりません。
衣類などをすべて持ち出していたり、通帳などもすべて持ち出しているとなると、数日間のつもりではなさそうです。

離婚届けなども置いて出ているとなると、夫婦関係は破たんし、帰ってくることはないでしょう。

本人がどちらの気持ちで家を出たのかを知るようにしてから、探偵に人探しをしてもらうかを考えることです。